家賃未払いのリスク回避法

男性

家賃保証を利用しよう

不動産投資を始める際、利益だけでなく様々なリスクを考えておく必要があります。不動産投資のリスクの中でも、大きなものの一つが「家賃の未払い」です。借主が何らかの理由で家賃の支払が困難になると、当然、貸主は家賃収入を得ることができなくなります。催促をしてすぐに支払ってくれればいいのですが、借主の状況によっては中々家賃を支払ってくれない場合も考えられます。そんなリスクを回避するために利用したいのが「家賃債務保証システム」です。家賃債務保証システムとは、保証会社に手数料を支払うことで、保証会社が借主の代わりに家賃を立て替えてくれるものです。家賃債務保証を利用するには保証会社に手数料を支払わなければなりませんが、不動産投資における家賃回収のリスクを回避することができます。また家賃債務保証を利用することで連帯保証人の必要がなくなり、入居者が増える可能性が考えられます。家族の状況などで、きちんと働いて家賃を支払う能力があったとしても、連帯保証人がいないばかりに入居できないこともあります。しかし、家賃債務保証を利用することで、連帯保証人がいなくても契約が可能になり、入居者が集まりやすいというメリットがうまれます。保証会社によっては、長期間の家賃未払いによる退去の手続きなど、家賃の立て替え払い以外のサービスが充実しているところもあります。インターネットなどで調べてどんな会社があり、どんなサービスを提供しているのか比較して利用しましょう。